| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香川復活!

久々の記事がサッカーになってしまった・・・。

香川真司、ドルトムント復帰戦のフライブルク戦。

前半に先制点の起点となるスルーパス。
そして、復帰弾!

これはゴール前にいた味方がスルーしてくれたのかな?
それとも空振りか?

なんにせよめぐってきたチャンスで決めれたことが良かった。

ファンは早速の「カーガーワーシンジ―」のチャントを大合唱!

クロップ監督は、最近はシステムを変えていたのに、
香川がやり易いシステムとポジションをということで、
(ケガ人続出でそうするのがベストだという判断もあったでしょうが)
4-2-3-1のトップ下。

背番号7番はまだ違和感ありますが、
やっぱり黄色の香川真司はイキイキしているな!

実は試合はまだ見れてないのですが^^;
ユーチューブなどの映像と、
試合をレポしてくれている人のブログなどで試合内容を確認。
BSでの再放送で試合を見る予定です^^;

しかし、このファン、監督、チームメイト。
最高ですね!
マンUに移籍する時も気持ちよく送り出してくれ、
戻ってきても変わらず大歓迎!

もちろん、まだ1試合ですからね。
まだまだ分からないとは思いますが、
それでもこのチームなら絶対いい結果を出し続けてくれるっていう
期待が持てます。

正直、しばらくは代表のことよりも、
リーグで活躍することの方を優先する方がいいような気もします。

低迷中のマンUと違って(嫌味^^;)チャンピオンズリーグや、
国内カップなど試合はたくさんあります。
まだメンバーも戦術も固まらない代表に招集されるよりも、
リーグで調子を上げていくことの方が香川にもプラスなことが多いのではと。
なんせ往復の飛行機がなぁ、
ヨーロッパのリーグの選手が、
ヨーロッパの代表に招集されるのとではわけが違うからなぁ。

それでも1月のアジアカップのメンバーに入るためには、
10月の代表招集はスルーして、(というかサッカー協会が気を使ってくれて・・)
11月の代表招集までに試合勘と体力面を戻して合流が最適なのでは。
香川のことですから、そこで代表にフィットすることは可能かと思われ。

まぁ、個人的な理想ですが・・・^^;

アギーレ監督といえば、
まずは気になる選手を何度かに分けて招集し、
実際に起用してみてアジアカップまでにベストメンバーをチョイスすると明言しております。

そのため、競争心をあおるためか、
先日のキリンチャレンジカップでの初陣では、
いささか強引な背番号割り振り。

以前から代表にコンスタントに招集されているメンバーはその番号のままでしたが、
先日の代表に呼ばれなかった選手の番号には、
片っ端から新メンバーを割り振りました。

やはりファンの中で気になるのは、
ウッチー 2番
遠藤 7番
香川 10番
ついでに今ちゃん 15番^^;

今ちゃんは確かにブラジルが最後かもと自分でも言っておりました。
遠藤も覚悟はしていたでしょうが、
それでも日本代表最多出場記録を持つ遠藤の7番を、
まだメンバー選考中の段階で使うとは・・・。

ウッチーと香川はケガやコンディションが理由で招集なし。
それが整えば必ず招集されるでしょう。
(実際、香川には招集通知がクラブに送られていましたが、
マンUでの最後の試合で脳震とうで早々と交代のため見送り。)

それなのに、エースナンバーの10番を使っちゃいますか。
しかも初招集の選手で、結局今回の代表では数分だけの出場。
合宿中のコンデションが良くなかったのでしょうか?
にしても、本人も光栄ですと言いながらも、
このような形での代表10番デビュー、
心から喜べるものだったのでしょうか。

その彼、森岡選手がどうのということではなく、
10番を背負わせる流れがちょっと雑というか・・・。

香川は代表デビューしてしばらくは大きい番号を背負っていましたが、
2010年W杯終了後、空番になっていた中村俊輔の10番を、
2011年アジアカップで受け継いだという流れ。

ザックジャパン時、
東アジアカップ2013で国内組で優勝した時も、
10番は空番としました。

なので、今回の背番号割り振りは日本人の感覚ではない気がします。
アギーレの「競争心を持たせる」方針からくるものに違いないと思いますが、
それを止めなかったサッカー協会・・・。
それとも止められなかったのか・・・?

4年間、大丈夫でしょうか^^;?

しかし、新しい発見もありました!
やはり前評判通り、FC東京武藤はスター性がありますね。

若いことと、代表デビュー戦だからか、
物おじしないでグイグイ行くタイプ。
クラブでもそういうプレースタイルなのかな?

私的には数年前の香川真司を思わせました。

田中順也(ポルトガル/スポルティング・リスボン)は、
左足のミドルシュートが印象的。

しかし、システムは大丈夫でしょうか。
今のところアギーレの戦術は4-3-3。
先日のキリチャレでは途中で4-4-2に?
という、ザックジャパンでの攻撃的サッカーを、
守備的カウンター狙いのチームにしようとしている模様。

それにしては、
守備のミスで失点するところは変わらず・・・。
ザックジャパン時は、
攻めてるんだから点を取られるのはショウガナイヨ。
その分点を取れば勝てるんダカラ・・・という考えでしたが・・・。

はたして??

そして来月の代表に残るのは一体誰だ??


何はともあれ、
香川がんばれー!!

スポンサーサイト

| スポーツ観戦 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

壮行試合 キプロス戦

もう少しでW杯開幕ですね!
ということで、今回はサッカーブログです~。

まずはU-17女子がワールドカップで優勝し、
なでしこも先日アジアカップで優勝するとともに、
来年のW杯の出場が決まり、連覇への道が開かれました。

すごいですね。女子。
川澄。半端ないですね。
無尽蔵のスタミナ。

最後まであきらめない戦い。
ザックジャパンもそんな戦いが出来るといいですね。



さて、5月27日には壮行試合ということで、
キプロスと対戦し、1-0で勝利。
とりあえず、上を向いたままで合宿地フロリダへ出発できる結果となりました。

壮行試合直前まで指宿で合宿を行っており、
かなりきついトレーニングで体を苛め抜いていたということで、
コンディションは万全ではない様子。

本田はちょっとらしくない感じでしたね。
でもW杯に向けて調子を上げていくためにも、
あえての90分フル出場。あえてね。

ケガ明けのウッチ―はなかなかの動きで、
点も決め、コンディション良し、ということで前半のみ。

香川は珍しくミドルシュートも放ってたな。
何か心境の変化かな。
でもいいシュートだったな。
あれが決まっていればいい自信になったんだけどなー。

あと、本田が飛び出てこなければ香川が決めれたかもっていう場面も。
ウッチ―の得点場面も香川のシュートのこぼれ球だし。
香川のケチャップドバドバ出ないかしら。

心配なのは柿谷や清武ですねー。
お互いドイツでもJリーグでも結果が残せていない状況。
能力はあるのに、考えすぎって感じがしてしまいますね。
香川もそんな感じあったんですが、少しは抜け出してきたかな。

この試合では、やはり途中出場だった清武は、
何かを払拭しようとするかのように貪欲にゴールに向かって行ってるように見えました。
点が入ってたらなぁ。もっと霧が晴れただろうに。


私が好きな試合があるんですが、
それは2011年8月10日のキリンチャレンジカップ。
札幌ドームでの日韓戦です。

この試合で香川は2得点しました。
本田の1点も合わせて宿敵韓国に3-0で快勝。
私はほぼこの試合できちんと香川真司を認識し、
そして「こいつすげー!」と思いました。

そこからの香川ファンなんですけどね^^

そして、その試合でもう一人、
「こいつもすげー」と思った若者。
清武。

この試合で代表デビューとなった清武は前半35分からの途中出場。
デビュー戦とは思えないボールさばきで2アシスト。

もともとセレッソ大阪で一緒だった二人の若者は息もぴったり。
この日とても輝いておりました。



それもあって、清武も応援しているんですけどね。
ドイツでのクラブでの苦境を見ると・・・。

本人のドキュメント見たんですが、
代表のことを考えすぎているかも・・・とも。

ザックは今回の招集を見ても、まぁ今までずっとそうなんですが、
一度絶対的な信頼を寄せた選手は、
ケガ明けだろうと、チームで実戦不足だろうと呼ぶんですよね。
逆に代表の試合で調子を上げさせてあげるためにも使う、みたいな。

でもそうなってくるとですよ、
絶対的メンバー(香川本田岡崎長谷部遠藤長友内田今野吉田川島)以外の選手にとっては、
外される=信頼されていないって気になっちゃうと思うんです。
自分はやっぱりまだそこまでいかないんだなと。

清武が以前、
自分はレギュラーメンバーじゃない。サブである。というようなことを言ったら、
ザックが記者からそれを伝え聞いて、
「交代カードを使うとき、真っ先に清武を使う。
それは私の中ではレギュラーメンバーだと思っているからだ。」
という風に返しました。

結果、やはりクラブでは苦しい状況の清武も23人の中に入りました。


ザックの手記にはこうあります。
『サッカーを楽しむ気持ちをピッチで表現してほしいと願ってもいます。
子どものころの気持ちに戻ってピッチで輝いてほしい。
それこそ、童心に帰って、子どものように、我を忘れるような境地で試合に入り込んでほしいと』

この大舞台で、
日本の代表だというのに、
「子どもの気持ちに戻って」というのは呑気だと言われるかも知れないが・・・とも言っているのですが、
私も同じ気持ちです。

みな、子供の頃から、
Jリーガーになる。
海外リーグに行く。
など色んな夢、目標を追ってきたと思います。
そんなサッカー少年にとって、
W杯のピッチに立てるなんて、
ワクワク以外何があるでしょうか。

緊張?プレッシャー?
そんなものを忘れてしまうぐらい、
きっと少年達は無我夢中でボールを追うのではないのでしょうか。

ずっと代表に呼ばれてると、
その座をキープしたいという気持ちになっていくと思うのですが、
初めて代表に招集された時のような気持ちで臨んで欲しいなと思いますね。

そう考えると、
一番いい精神状態なのは大久保かも知れない。

久々に呼ばれるなんて、
しかもそれがW杯の本大会メンバー。
もうやるしかないっしょって感じですよね。
期待されてる分、プレッシャーもあるかも知れませんが、
なんかそういうの感じなさそうだし笑



というわけで、
さっそくザックジャパンはフロリダへと出発したようです。

ニュースで見たけど・・・

黒縁メガネ多すぎっ。

確認できただけでも
遠藤香川大久保長谷部川島長友本田(グラサン)

マヤも黒縁持ってたしなー。
流行りか。


あ、そしてー、
今回新たに代表スーツがお披露目されましたが・・・






hana549

パパさん、買っちゃいました^^!

hana551

ちょっと携帯なので、
上手く撮れてないのですが・・・

hana552

代表ネクタイ!by dunhill

水玉がサッカーボールになってます^^

hana550

代表メンバーがポーズ取ってます^^
これは3月のニュージーランド戦招集メンバーだそうですので、
細貝とか駒ちゃんとかもいます。

誰かと思ったら、
柏の工藤・・。


ということで、
これからW杯開幕までの間に、
まだ親善試合が2つありますので、
そこもチェックしていこうと思います!

それではまた!

| スポーツ観戦 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高校サッカー決勝

ACミラン10番本田キター!

という朝でしたが、
今日は高校サッカー決勝戦。

本田の母校星稜(石川)と、
同じく北陸の富山第一(富山)が、
改修工事前、最後の国立での決勝戦で対峙しました。

どちらが勝っても初優勝。

同じ北陸勢とあって、
両チームには小学時代に同じチームでプレイした選手がいたり、
または、監督とキャプテンが親子だったりと、
色んなエピソードを紹介してくれます。

富山第一は富山の子供を中心としたチーム。
星稜は他県の子供を入れて活性化を図ったチーム。
チームの作り方は全く違いますね。

特に富山第一は、
監督自身が富山第一OB。
息子がキャプテン。
その他、選手の親、兄弟が富山第一OBなどと、
なんだかとてもアットホームな感じがします。

しかも、前監督は38年富山第一を率いて、
今年の3月に定年退職だとか。

エピソードを聞いていると、
どんどん富山第一を応援したくなる・・・

それに、私も学生時代に富山に住んでいたことがあるのです。
ただ、寮とバイト先を往復するだけの感じだったので、
全然富山県を満喫してないんですが^^;


さて、試合は終始富山第一が攻め攻めモード。
しかし、星稜はなかなか点を取らせてくれません。
今大会、4試合通じて無失点だそうですね。

そんな中、星稜にPKを与えてしまい先制されます。
そして後半にも点を許し2-0

しかし富山第一はあきらめずに攻め続けます。

そして!
後半42分!
1点を返す!
2-1

そして!
後半45分!
PK獲得!
蹴るのはキャプテン大塚。

父親の大塚監督も膝をついて両手を合わせ祈ります。

私もすでに富山第一応援団一味になっておりましたので、
両手を合わせて「頼むぞ!大塚」と叫んでおりました。

そして!
PKを決めて
2-2

延長戦突入!

延長前半(10分)は、
両校得点なしで終了。

すぐさま延長後半(10分)に入ります。

富山第一にはPKのスーパーセーブを得意とする第2GKがおり、
彼の為に最後の交代カードを温存しておくほど。
彼がすでにアップをし始めます。

しかし、
残り時間1分となったところで富山第一が決勝点!
2-3

そして試合終了~

いやー、
後半30分くらいまでは、
もう富山第一は無理かなと思っちゃいましたが、
まさに劇的!

年のせいか、
ちょっとホロリときました^^;

さて、
夜はまたBSで本田の試合を見よう。

| スポーツ観戦 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サッカー観戦記録

久々スポーツ観戦ブログもアップ~。

ブログお休み中もスポーツ観戦は、
現地、テレビなどでしておりました。

まず8月には初めてJリーグ、
しかもJ2の試合に。

横浜FC-ガンバ大阪戦を観に行きました。

横浜FC関係でチケットをもらったのですが、
どうしてもミーハーなので、
気持ちは遠藤や今ちゃんのいるガンバ大阪に・・。

しかし!横浜FCのスタメンに三浦カズ!
年齢もあって、常に試合に出られるわけではないので、
カズの試合を見れるのは貴重。

やはりミーハーの私はカズにスマホのカメラを向け続けます^^;

hana503

後ろで横浜キャプテン待ちの
ガンバキャプテン遠藤。

hana504

ピッチに飛び出していく11番カズ。

確か後半途中まで出てたと思うんですが、
さすがに体力的にきつそうでしたね。

それと感心したのは、
ガンバサポーター。
J2のアウェーだというのに完璧な応援団でやってきて、
さすがJ1慣れしてるなといった感じの洗練された応援。
それに楽しい。ノリノリ。

サッカーに詳しくない方のために簡単に説明しますと、
ガンバ大阪は去年、初めて1部リーグであるJ1から、
2部リーグであるJ2に降格したんですね。

Jリーグはそのシーズンの成績によって、
J1とJ2の間での降格・昇格がかかっているのです。
ガンバ大阪は日本代表の遠藤・今野がいることから、
昨年J2降格が決まった時にはとても心配されました。

そして、今年は見事J2での優勝を決め、
1年でJ1復帰を決めたのです。

横浜FC対ガンバ大阪は2-2の引き分けでした~。


そして、9月にはキリンチャレンジカップが2戦。
グアテマラ戦@大阪・長居 3-0 WIN
ガーナ戦@横浜・日産 3-1 WIN

ガーナ戦は現地に観戦に行ってきました!

hana502

1階席の一番後ろの席だと、
こんな感じ。

雨が降った時には助かりますが、
やはり圧迫感あり。
スタジアム全体の応援ムードとかも感じにくい。

でも、私たちの後ろに特別室があって、
だれかVIPが来るのかなーと言っていたら、
とんねるずの貴さんが来ました^^

プライベートな感じなので、
あまり気にしないようにしていたのですが、
試合中は特別室から出て、
私たちのすぐ真後ろに椅子を置いてみていたと、
チラチラ見ていたパパさんが言っていました^^;


えーそれから、
10月の海外遠征。
セルビア戦 2-0 LOSE
ベラルーシ戦 1-0 LOSE

点を1点も取れずに2連敗。
コンフェデ杯の時の嫌ーな感じがまた漂います。


そして11月の海外遠征。
オランダとベルギー相手ということで、
格上と試合できるのはいいチャンスですが、
これでまた2連敗なんてした日には、
本当に勝ち方を忘れてしまう・・・。

まずオランダ戦。
香川の同僚のファンペルシーがいなかったのは残念でしたが、
ロッベンのシュートは半端なかったです。
あ、半端ないのは大迫ですね。
気になる方はYouTubeで「大迫半端ないって」で検索ください^^


今回驚いたのは、
ザックの采配でした。

ザック監督といえば、
「いつものメンバー」を多用。
いつものメンバーが最強だからしょうがないという感じでしたが、
今回はスタメンを大きくいじってきました。

GKの川島を西川君に変え、
香川と遠藤もベンチスタート。
などなど、
香川ファンといえども、
これはおもしろそうだ・・・と思いました。

ミスで先制、追加点も入れられたものの、
前半を2-1で折り返し、
後半から遠藤と香川を投入。

なんか、頭のいい二人が入ったなという感じで、
一気に試合の流れが変わりました。
1点を返し、2-2で引き分け。

勝ち切るチャンスもありましたが、
ミスで先制された試合で、
引き分けただけでも、
心は強くなっているようですね。


あ、ちなみに、
今回の放送はテレ朝での放送だったんですが、
テレ朝といえば、松木安太郎。
そして名波とのコンビに今年から(だっけ?)、
引退したゴン中山が仲間入りしております。

他局の放送だと、解説が静かでつまらないんですよね。
松木解説だと、
なんかサポーターと一緒に観戦してる感じで私は好きなんです^^
うるさいっていう人もいるのかもしれませんが^^;
まぁ好みの問題でしょうか?


そして、ベルギー戦。
こちらも、内田・長友の両サイドバックを、
W酒井にするなどいじってきました。

しかし!
またしてもミスにより先制点をとられました!

吉田の足の遅さ→川島の判断ミス→酒井高徳の油断
この3つのミスが重なりしょうもない失点。

どうしてこうなんだ!
と朝の5時から叫びます。

しかし。
またしても前半に1点を返し同点で折り返します。

そして後半、遠藤投入~。
2点追加点~。

3-1で終わりたかったですが、
結局1点返され3-2で終了。

勝ち切れたのは大きいですね!

あとは10番香川。
得点がないなぁ。


あ、ちなみに今回も、
「高橋君」は招集されながらも、
出場機会なしでした^^;
これだけメンバーチェンジあったんですがね・・・。



結局サッカーの話しか書けなかった・・。

さて、今年の代表活動は終了!
来月にはW杯の組み合わせが決まります!

| スポーツ観戦 | 18:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

香川凱旋

さて。

今週はサッカー週間となりました。

マンUのアジアツアーin JAPAN
AND
代表の東アジア杯

マンU対横浜Fマリノスの試合は、
日産スタジアムまで見に行ってきました。

hana433

そして、今日は香川の古巣、
セレッソ大阪との試合でした。

まぁメインはセレッソ大阪戦の方ですよね。

マリノス戦では、
香川はベンチスタート、
マリノスの中村俊輔は早い段階で交代。
新旧10番対決は実現しなかったわけです。

hana435
hana434

なんだか俊輔は試合前から発熱もあったようで、
香川も先発だと思って無理して出たんじゃないでしょうか。
でも、短い出場時間でも、
コーナーキックなど、さすが俊輔。
スタジアムを沸かしてくれました。

マンUユニもたくさんいましたが、
応援団がいないので、
マリノス応援団だけの声が響き、
ちょっと静かな感じがしました。

hana432

それでも香川は後半途中から出場し、
マンUは負けたけれども、
「まぁ香川見れたしね」
なんていう一応満足した会場の空気が悪くなったのは、
マンオブザマッチ(MOM)の選出。

負けたマンUの、
しかも途中出場で得点もしていない香川が選出されたので、
サッカーファン、
並びにマリノスファンは、
「えー」です。

香川に対してではなく、
選出したおじさま方にですね。
(スポンサー:カゴメさん)
初めから決めてたんでしょうけど。

香川も困惑してましたね。
というか迷惑そうな顔してました。
こんなことでスタジアムにブーイングが起こり、
最後に嫌な思いしてしまったでしょう。

hana436

しかし!
さすがヤンマーさん。(スポンサー)
セレッソ大阪戦では、
試合終了1分前に同点ゴールを決めたマンUのザハがMOM。

香川は先発出場し、
後半に味方が獲得したPKを譲ってもらい、
PKのキッカーを務めました。

初めて見ました・・・。香川のPK。
周りが香川に花を持たせてあげようと、
香川に譲ったんですが、
香川も「ヤバイヤバイ」って言ってました^^;

そして・・・
見事シュートはGKにはじかれてしまいました( ゚Д゚)
やはり人には得意不得意というものが・・・。

しかしコーナーキックでチャンスは続きます。
ギグスからのクロスだったかな・・を二人股抜きでゴールを決めました!!

危ない危ない・・・。
PK決めれなかっただけで終わってたらやばかった・・・。

香川のチャントも流れていい雰囲気でした~^^

代表に選出されている柿谷らがいなかったのは残念でしたが、
いい凱旋試合になったんではないでしょうか^^

そうそう、その代表戦。
東アジア杯は、
初戦中国に3-3で引き分け。
2戦目では先発総入れ替えでオーストラリアに3-2で勝利。
最終戦は韓国です。

得点力はあるんだな。
あとは完封勝利してほしいなぁ。

男女アベック優勝してほしいですね。

| スポーツ観戦 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。