2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高校サッカー決勝

ACミラン10番本田キター!

という朝でしたが、
今日は高校サッカー決勝戦。

本田の母校星稜(石川)と、
同じく北陸の富山第一(富山)が、
改修工事前、最後の国立での決勝戦で対峙しました。

どちらが勝っても初優勝。

同じ北陸勢とあって、
両チームには小学時代に同じチームでプレイした選手がいたり、
または、監督とキャプテンが親子だったりと、
色んなエピソードを紹介してくれます。

富山第一は富山の子供を中心としたチーム。
星稜は他県の子供を入れて活性化を図ったチーム。
チームの作り方は全く違いますね。

特に富山第一は、
監督自身が富山第一OB。
息子がキャプテン。
その他、選手の親、兄弟が富山第一OBなどと、
なんだかとてもアットホームな感じがします。

しかも、前監督は38年富山第一を率いて、
今年の3月に定年退職だとか。

エピソードを聞いていると、
どんどん富山第一を応援したくなる・・・

それに、私も学生時代に富山に住んでいたことがあるのです。
ただ、寮とバイト先を往復するだけの感じだったので、
全然富山県を満喫してないんですが^^;


さて、試合は終始富山第一が攻め攻めモード。
しかし、星稜はなかなか点を取らせてくれません。
今大会、4試合通じて無失点だそうですね。

そんな中、星稜にPKを与えてしまい先制されます。
そして後半にも点を許し2-0

しかし富山第一はあきらめずに攻め続けます。

そして!
後半42分!
1点を返す!
2-1

そして!
後半45分!
PK獲得!
蹴るのはキャプテン大塚。

父親の大塚監督も膝をついて両手を合わせ祈ります。

私もすでに富山第一応援団一味になっておりましたので、
両手を合わせて「頼むぞ!大塚」と叫んでおりました。

そして!
PKを決めて
2-2

延長戦突入!

延長前半(10分)は、
両校得点なしで終了。

すぐさま延長後半(10分)に入ります。

富山第一にはPKのスーパーセーブを得意とする第2GKがおり、
彼の為に最後の交代カードを温存しておくほど。
彼がすでにアップをし始めます。

しかし、
残り時間1分となったところで富山第一が決勝点!
2-3

そして試合終了~

いやー、
後半30分くらいまでは、
もう富山第一は無理かなと思っちゃいましたが、
まさに劇的!

年のせいか、
ちょっとホロリときました^^;

さて、
夜はまたBSで本田の試合を見よう。
スポンサーサイト

| スポーツ観戦 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。