PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香川復活!

久々の記事がサッカーになってしまった・・・。

香川真司、ドルトムント復帰戦のフライブルク戦。

前半に先制点の起点となるスルーパス。
そして、復帰弾!

これはゴール前にいた味方がスルーしてくれたのかな?
それとも空振りか?

なんにせよめぐってきたチャンスで決めれたことが良かった。

ファンは早速の「カーガーワーシンジ―」のチャントを大合唱!

クロップ監督は、最近はシステムを変えていたのに、
香川がやり易いシステムとポジションをということで、
(ケガ人続出でそうするのがベストだという判断もあったでしょうが)
4-2-3-1のトップ下。

背番号7番はまだ違和感ありますが、
やっぱり黄色の香川真司はイキイキしているな!

実は試合はまだ見れてないのですが^^;
ユーチューブなどの映像と、
試合をレポしてくれている人のブログなどで試合内容を確認。
BSでの再放送で試合を見る予定です^^;

しかし、このファン、監督、チームメイト。
最高ですね!
マンUに移籍する時も気持ちよく送り出してくれ、
戻ってきても変わらず大歓迎!

もちろん、まだ1試合ですからね。
まだまだ分からないとは思いますが、
それでもこのチームなら絶対いい結果を出し続けてくれるっていう
期待が持てます。

正直、しばらくは代表のことよりも、
リーグで活躍することの方を優先する方がいいような気もします。

低迷中のマンUと違って(嫌味^^;)チャンピオンズリーグや、
国内カップなど試合はたくさんあります。
まだメンバーも戦術も固まらない代表に招集されるよりも、
リーグで調子を上げていくことの方が香川にもプラスなことが多いのではと。
なんせ往復の飛行機がなぁ、
ヨーロッパのリーグの選手が、
ヨーロッパの代表に招集されるのとではわけが違うからなぁ。

それでも1月のアジアカップのメンバーに入るためには、
10月の代表招集はスルーして、(というかサッカー協会が気を使ってくれて・・)
11月の代表招集までに試合勘と体力面を戻して合流が最適なのでは。
香川のことですから、そこで代表にフィットすることは可能かと思われ。

まぁ、個人的な理想ですが・・・^^;

アギーレ監督といえば、
まずは気になる選手を何度かに分けて招集し、
実際に起用してみてアジアカップまでにベストメンバーをチョイスすると明言しております。

そのため、競争心をあおるためか、
先日のキリンチャレンジカップでの初陣では、
いささか強引な背番号割り振り。

以前から代表にコンスタントに招集されているメンバーはその番号のままでしたが、
先日の代表に呼ばれなかった選手の番号には、
片っ端から新メンバーを割り振りました。

やはりファンの中で気になるのは、
ウッチー 2番
遠藤 7番
香川 10番
ついでに今ちゃん 15番^^;

今ちゃんは確かにブラジルが最後かもと自分でも言っておりました。
遠藤も覚悟はしていたでしょうが、
それでも日本代表最多出場記録を持つ遠藤の7番を、
まだメンバー選考中の段階で使うとは・・・。

ウッチーと香川はケガやコンディションが理由で招集なし。
それが整えば必ず招集されるでしょう。
(実際、香川には招集通知がクラブに送られていましたが、
マンUでの最後の試合で脳震とうで早々と交代のため見送り。)

それなのに、エースナンバーの10番を使っちゃいますか。
しかも初招集の選手で、結局今回の代表では数分だけの出場。
合宿中のコンデションが良くなかったのでしょうか?
にしても、本人も光栄ですと言いながらも、
このような形での代表10番デビュー、
心から喜べるものだったのでしょうか。

その彼、森岡選手がどうのということではなく、
10番を背負わせる流れがちょっと雑というか・・・。

香川は代表デビューしてしばらくは大きい番号を背負っていましたが、
2010年W杯終了後、空番になっていた中村俊輔の10番を、
2011年アジアカップで受け継いだという流れ。

ザックジャパン時、
東アジアカップ2013で国内組で優勝した時も、
10番は空番としました。

なので、今回の背番号割り振りは日本人の感覚ではない気がします。
アギーレの「競争心を持たせる」方針からくるものに違いないと思いますが、
それを止めなかったサッカー協会・・・。
それとも止められなかったのか・・・?

4年間、大丈夫でしょうか^^;?

しかし、新しい発見もありました!
やはり前評判通り、FC東京武藤はスター性がありますね。

若いことと、代表デビュー戦だからか、
物おじしないでグイグイ行くタイプ。
クラブでもそういうプレースタイルなのかな?

私的には数年前の香川真司を思わせました。

田中順也(ポルトガル/スポルティング・リスボン)は、
左足のミドルシュートが印象的。

しかし、システムは大丈夫でしょうか。
今のところアギーレの戦術は4-3-3。
先日のキリチャレでは途中で4-4-2に?
という、ザックジャパンでの攻撃的サッカーを、
守備的カウンター狙いのチームにしようとしている模様。

それにしては、
守備のミスで失点するところは変わらず・・・。
ザックジャパン時は、
攻めてるんだから点を取られるのはショウガナイヨ。
その分点を取れば勝てるんダカラ・・・という考えでしたが・・・。

はたして??

そして来月の代表に残るのは一体誰だ??


何はともあれ、
香川がんばれー!!

| スポーツ観戦 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hana721.blog98.fc2.com/tb.php/212-62f0ac68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。